自分の肌の悩みに合ったスキンケアを行う

自分に合ったスキンケアを効果的なスキンケアをするには、自分の肌の悩みを本当に解決してくれるスキンケアの製品を選ぶことが大切です。最適なスキンケアの方法を知るには、スキンケアに有効な成分の働きを知ることが重要です。

美白、抗酸化、保湿、肌再生など、スキンケア製品の成分には複数のタイプがあり、それぞれの成分の働きは違うため自分の肌が抱えているトラブルや悩みに合ったケアを行う必要があるのです。

美白成分には肌にしみを作っているメラニンに働きかけてしみを薄くする作用などがあり、抗酸化成分には老化現象の原因となる活性酸素を取り除く働きがあります。保湿成分には肌の潤いを保つ働きがあります。

肌再生成分は、肌の老化を予防する働きがあるもので、これらには肌のコラーゲンの再生速度を速めるビタミンCや、女性ホルモンのような働きをして皮膚の代謝をうながすイソフラボン、成長因子が体内でつくられる働きを促進するEGF、FGFなどがあります。

これらの成分を効果的に肌に浸透させるには化粧水、美容液、乳液、クリームといった順番で、肌に浸透しやすい製品から使い、最後に油分が含まれた成分できちんと肌に蓋をすることが重要です。

美肌の味方!ビタミンC

ビタミンCを含む食材ビタミンCはアスコルビン酸ナトリウムとも呼ばれ、酸素に触れるとすぐに酸化する性質を持っています。そのため、これをスキンケアに使う場合は肌に紫外線を当てない対策が必要になります。

ビタミンCの代表的な効果の一つはメラニンの生成を阻害したり還元したりするもので、これによりシミとくすみが肌にできるのを予防、改善ができます。

さらにビタミンCには、ニキビやその痕を改善する効果もあります。近年の研究からニキビはアクネ菌よりも主に活性酸素が引き起こすということがわかってきました。従って、これを取り除く効果のあるビタミンCはニキビが引き起こす炎症を抑えることができるのです。

さらにビタミンCには皮脂の過剰分泌を抑える効果もありますので、使い続けているとニキビができにくい肌になります。また、肌のコラーゲン生成能力を促進する効果もありますので、できてしまったニキビの痕も残りにくくなるのです。血管を強化する効果もあるビタミンCはニキビの赤みも抑えます。

アンチエイジング効果もビタミンCにはあります。活性酸素を除去できるため、それが皮膚の細胞の寿命を延ばし、老化現象の発現を遅らせます。また、コラーゲン生成促進の働きは、ほうれい線を消すなどの肌のシワやたるみの予防や改善の効果ももたらしています。

更新情報

2014/11/12
EGF・ヒトオリゴペプチド-1ページを追加しました。
2014/11/5
カモミラETページを追加しました。
2014/10/29
プロテオグリカンページを追加しました。